FC2ブログ

Klagegrund

 エロゲーをプレイしながらメモをとっている方がいらっしゃると思います。わざわざメモをとる以上、そのメモはのちに何らかの形でレビューを書くという行為に向けられたものであることがほとんどでしょう。
 特に、印象に残った作品内の一部文章や台詞を引用したい場合には、原文を忠実に再現するためにも、メモが必要となります。たとえ、短いフレーズであったり、類まれな記憶力に恵まれていたりしても、引用を誤らないためにもメモは必要だと思います。しかし、引用に限るのであれば、全プレイ終了後に該当箇所だけ当たってメモをとれば十分とも言えます。

 さて、私はどうなのかというと、エロゲーをプレイしながらのメモはとっていませんし、区切りの良いところでメモをとったりもしません。メモをとるのは、全プレイ終了後に引用したいと思った箇所がある場合だけです。また、特定の言葉やフレーズを除けば、1センテンス以上の文章や台詞を引用しようと思うことも稀です。
 2010年9月29日現在、引用文が含まれている私のレビューは、『天使のいない12月』・『ONE ~輝く季節へ~』・『Scarlett ~スカーレット~』・『Routes -ルーツ-』・『ナツユメナギサ』・『sense off ~a sacred story in the wind~』の6作品で、『天使のいない12月』・『Scarlett ~スカーレット~』・『sense off ~a sacred story in the wind~』については当該作品からの引用はありませんので、作中引用は3作品だけです。それとて、『ONE ~輝く季節へ~』を除けば、ほんの一部のみです。『ONE ~輝く季節へ~』のレビューは、私にとって実験的要素の濃かったものでして、レビューの文字数や実際にレビューを書くのに費やした時間は当時最大・最長で、今なお最大・最長です。例外的なレビューと言って良いと思います。
 従って、基本的に私のレビュースタイルというのは、全プレイ終了後にまっさらな状態から作品のことを考えながら書くというシンプルなものです。

 決して、引用を少なくしようという意図があるわけではありません。引用が少ないのは、メモをとらない結果に過ぎません。そして、メモをとらない理由も単純で、一つには面倒くさいということ(理由の大半を占めています)、もう一つは、いざレビューを書くのであれば、最後まで行き着いた結果から「一気に」さかのぼってまとめた形にしたいと思っていることです。後者の理由は、以前に述べた総論的にレビューを書こうと思っているということにも繋がっています。

 裏を返せば、一部の引用というのは各論になりがち、ということですが、これはエロゲーの構造にも起因しています。大半のエロゲーはマルチエンディング形式で、ヒロインが複数いて、シナリオもヒロインの数だけ存在します。なので、共通部分の引用でない限り、ほぼ必ず特定のヒロインのシナリオからの引用ということになり、それはつまるところ、そのシナリオでスポットが当たっているヒロインに関連する内容という意味での各論、ということになるわけです(厳密には当該作品を代表するシナリオである等の理由から異なることもありますが)。そして、引用する可能性が高いような箇所というのは、そういう特定のシナリオの終盤に集中するでしょう。

 そのようなこともあって、私はレビューにおいて引用が少なく、またメモをとっていません。しかし、特定の場面を喚起させ、自分の述べたいことを正確に伝えるために引用するというのは、やはり効果的です。また、メモをとることで、重要箇所の見落としを防いだり、最後にまとめる際の一助となることがあるのも事実です。
 上述のメモについては、各人のスタイルで書けば十分と思い込んで適当にやり過ごしていますが、すぐに面倒くさがる性格は如何ともし難いとはいえ、なんとかしなければとも思っています。言うまでもなく、この性格のおかげで既に色々と痛い目に合ってきていますから。
スポンサーサイト