FC2ブログ

Klagegrund

 「ErogameScape-エロゲー批評空間-」に登録されているユーザーの方の平均点を大雑把に見ても、65点から75点の間の人が多いようです。私の平均点も例に漏れず、その点数の間に収まっています。しかし、そのくらいの点数を平均点とすべきとの決まりが「ErogameScape-エロゲー批評空間-」にあるわけではありません。平均点について何らルールがあるわけではないのに、65点から75点の間に相当数の人が集まっているわけです。

 「ErogameScape-エロゲー批評空間-」での点数は0点から100点の間でつけられますので、「この作品の評価は、少なくとも自分のプレイした全作品中ちょうど真ん中である。ならば、0点から100点の間で真ん中なのは50点なので、この作品は50点だ。」という点数のつけ方(以下、点数方法)もありえますが、そういった方はおそらく少数でしょう。この点数方法は、点数たる数値にはあまり意味がありません。つけられる点数は常に固定されています。
 要するに、自分にとって最高だと思った作品が100点、反対に最低だと思った作品が0点になるというのを軸に、次につけられる点数は50点、その次につけられるのは33(34)点と66(67)点で、前に50点をつけられた作品は33(34)点か66(67)点にスライドするという形です。点数というよりは評価の位置づけの段階的割り振りですね。

 極めて形式的な点数方法で、基準も明確ではありますが、反面、位置づけを決める以外に点数についての裁量がありません。仮に自分が今までプレイした作品どれもが素晴らしい作品だと思っていても、必ず優劣をつけて、より劣った作品の一つに0点をつけなければなりません。逆もまた然りで、仮に自分が今までプレイした作品どれもが何かしら不満のある作品だったとしても、必ずより優れた作品の一つに100点をつけなければなりません。プレイ数が100作品を超えた場合、同点の作品の優劣をどうすべきかも問題になるかもしれません。
 結局、この点数方法がほとんどの方に採用されていないのは、「ErogameScape-エロゲー批評空間-」では、学校の定期試験とは異なり、まったく違うものを多角的に比較して評価して点数をつけていて、その比較は本来的にファジーであるにもかかわらず、あまりにも基準が明確すぎると不都合が多いということなのでしょう。

 少々脱線してしまいましたが、文頭の内容に戻ります。では、なぜ平均点が65点から75点になるような点数方法の方が多いのかというと、低い点数をつけるということそのものがあまり想定されていないからではないでしょうか。そこで働いているのは、仮にも作品という形で世に出ているものにあまりに低い点数をつけるのは心情的に憚られるというある種の配慮です。もし、この配慮があるのだとすれば、よほどの例外を除いて低い点数はつけられないことになり、自分にとって平均的だと思った作品に対する点数も、0点から100点の間の真ん中である50点から、つけることを想定されていない点数帯の分だけ上昇します。その上昇先がおおよそ20点ほどかさ上げした70点前後なのかなと考えるわけです。

 しかし、さも客観的にそういう判断が存在するかのように語っていますが、その考え方及び点数方法は、単に私自身の手法なのではないかという気もします。議論のない推測では、どうにも確信を得られません。ただ、私のつける点数について、少々付言しておきますと、平均点が満足したか否かの分水嶺になっているわけではありません。むしろ、不満足だったと明言できる作品は極わずかです。「特筆すべき点がなくても格別悪いわけではなかったならば、一応満足したといえるのではなかろうか」と捉えているからでしょうか、私の不満足ラインはかなり低いようです。