FC2ブログ

Klagegrund

 ご無沙汰、どころではありませんね。長らく放置してしまいました。
 理由として、エロゲーをプレイしていなかったのもさることながら、身の回りの環境の変化が大きかったです。それとて言い訳に過ぎませんが。これからも超不定期更新になると思います。

 さて、久々に「ErogameScape-エロゲー批評空間-」にて感想を書きました。エロゲー自体は昨年も一作のみですが、『穢翼のユースティア』をプレイしました。そして、今回プレイしたのが『大図書館の羊飼い a good librarian like a good shepherd』ということで、現実の時間としてはやや間が空いてますが、連続してAUGUSTの作品をプレイしたことになりますね。

 感想を書いたのは約2年ぶりでしたが、思ってたよりすんなり書けました。というのも、私の場合、ある程度まとまった量の文章を書くとなると結構時間がかかることが多いので、書き始める以前に構えてしまうことがこれまでにもありました。ですが、今回はそんなに時間がかからず書けたので、妙な表現かもしれませんが、ちょっとサッパリした気分になりました。
スポンサーサイト
 長期に渡り更新を途絶えさせてしまい、大変失礼いたしました。

 ただ、ここにいらっしゃっる方であれば、既に感づいていらっしゃるかもしれませんが、前回のエントリー前後にプレイしていた『失われた未来を求めて』以降、まったくエロゲーに触れていません。去年の今頃のエントリーとほぼ同じ状況です。

 何も、エロゲーをプレイする時間がまったくなかったわけではありませんし、一応どのような作品がリリースされているのかについては、時折チェックしていました。が、いかんせん気が向かなかった、という感じで今年もここまで来てしまいました。これだけ間が空いてしまうと、なかなか戻れないものだなと実感しています。

 とはいえ、これまでもこういったことは何度かありました。もうエロゲーはプレイしないなどと言うつもりも毛頭ありません。むしろ、こうやって別段意味のないことでも、書くこと自体がエロゲーに対して多少意識が向いている証左といえるかもしれません。

 いい加減な人間ではありますが、のんびりやっていきたいと思います。
 「ErogameScape-エロゲー批評空間-」では、作品だけでなく、個々のレビュアーの付けた点数の平均点も、ユーザーの情報として目の付きやすいところに表示されています。

 平均点に目が行きがちなのは、中学・高校時代における各種試験の影響によるところが大きいと思います。定期試験であれば、平均点を上回るか否かはそれなりに意味を持ちますし、学校によっては平均点の半分以下の点数を赤点としているところもあるようですので、そういう学校において、試験に苦戦を強いられた学生にとって赤点であるか否か、ひいては平均点はいくつなのかというのはかなり重要な意味を持ちます。

 しかし、エロゲーの評価における平均点は意味合いが異なります。同じ課題を異なる環境でこなすわけではありませんし、各レビュアーの点数の付け方にも決まりはありません。「ErogameScape-エロゲー批評空間-」における各レビュアーの平均点は、あくまでこれまで点数を付けた評価の総体から導き出される統計に過ぎず、その数値自体が必ずしも大きな意味を持つわけではありません。
 例えば、50点を平均点にしようと点数を付けているレビュアーの70点と、70点を平均点にしようと点数を付けているレビュアーの70点とでは、意味するものが異なるのは明らかです。
 また、平均点を何らの基準にもしていないレビュアーの方もいらっしゃるはずです。「平均点=及第点」と捉えているレビュアーの方は少なくないのではないかと推測しますが、エロゲーの評価においては学校の試験と異なり、必ず相対的な評価をしなければいけないわけではなく、プレイした全ての作品が及第点をクリアしていたとしても何ら問題ありませんので(あくまで可能性としてですが)、「及第点を70点に置いているが、「ErogameScape-エロゲー批評空間-」上において表示される自身の平均点は80点で、プレイした作品は全て70点を上回っている。従って、75点の作品が平均点以下だからといって及第点を突破していないわけではない。」ということもあり得るわけです。

 かく言う私も、自身の平均点は72.1点のようですが(2011年2月19日現在)、その点数が及第点というわけではありません。及第点はもっと低いです。そもそも、及第点はいくつである、と声を大にして言えるほど正確に作品を評価できる人間ではありませんが、満足と不満とが半々くらいのバランス点、と捉えてもらえればと思います。
 ただ、それとて、あくまで点数です。やはり、個々のレビュアーがどのような点数の付け方をしているのか、また、感想があるならば、感想の内容も見て、トータルでどう評価しているかを判断すべきでしょう。平均点それ自体は何も語ってくれませんから。
 もう1月も終わろうとしていますが、今年もよろしくお願いします。
 ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

 が、エロゲーとはもっとご無沙汰していまして、最後にプレイした『PARA-SOL』以来約3ヶ月半の間、まったくプレイしていない状況です。エロゲーの存在を意識することすらあまりなかったので、「ErogameScape-エロゲー批評空間-」から足が遠のいていたのはもちろん、エロゲー周辺について何か思うこともなかったというような始末です(ただの言い訳です)。
 年末ということで、まとまった時間の確保も難しいですし、今現在プレイする作品のアテもないような状態ですので、おそらく今年はもうプレイしません。

 ただ一方で、エロゲーをプレイしようかなという気力は、あまり短いとは言えないかもしれない期間を経て、多少回復したようにも感じます。このエントリー自体がその証左です。なので、年明けは何かプレイしてみるつもりではいます。まずは情報収集からですね。